rsyncのインストール・リモートサーバと同期

  • 投稿日:
  • by ライブラリ編集局

この記事では、rsyncを用いたインストールとリモートサーバとの同期について説明します。尚、OSについては、CentOS6(64bit)を対象としています。

同期元のホストdenetmain.com[172.16.30.32]の/root/cptest 配下のファイル・ディレクトリを

同期先のホストdenetsub.com[172.16.30.31]の/home/backup配下にコピーします。

同期先ホストの設定

rsyncのインストール

#yum -y install rsync xinetd

設定変更

#vi /etc/xinetd.d/rsync

# default: off
# description: The rsync server is a good addition to an ftp server, as it \
#       allows crc checksumming etc.
service rsync
{
        disable = yes ← ※noに変更する
        flags           = IPv6
        socket_type     = stream
        wait            = no
        user            = root
        server          = /usr/bin/rsync
        server_args     = --daemon
        log_on_failure  += USERID
}

rsyncの起動

/etc/rc.d/init.d/xinetd start  起動
chkconfig xinetd on             自動起動

/home/backupディレクトリの作成

mkdir /home/backup

rsyncd.confの編集

vi /etc/rsyncd.conf

[site]
path = /home/backup
hosts allow = 172.16.30.32
hosts deny = *
list = true
uid = root
gid = root
read only = false

同期元ホストの設定

rsyncのインストール(インストールしていれば起動してください)

yum -y install rsync

同期元ホストから同期先ホストへコピーを行う

rsync -avz /root/cptest/ denetsub.com:/home/backup/

以上でrsyncのインストール・リモートサーバと同期の説明は終わりです。