Awstatsのインストールと設定方法

  • 投稿日:
  • by ライブラリ編集局

この記事ではAwstatsのインストールと設定方法について解説します。

OSはCentOS6.3です。

先にapacheのログの形式を変更しておきます。

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

CustomLog logs/access_log common
↓
CustomLog logs/access_log combined

それではAWstatsのダウンロードを行います。2014年6月13日時点での最新版は7.3です。

# wget http://prdownloads.sourceforge.net/awstats/awstats-7.3.tar.gz

ダウンロードしたファイルを解凍しましょう。

# tar zxvf awstats-7.3.tar.gz

解凍したディレクトリのcgi-binディレクトリに移動しましょう。

# cd awstats-7.3/wwwroot/cgi-bin

このディレクトリ内のファイルを全てapacheのcgiが動作するディレクトリにコピーします。この場合は/var/www/cgi-bin/です。

# cp -r * /var/www/cgi-bin/

一つ上のディレクトリに移動して、iconディレクトリを/var/www/html/にコピーしてください。

# cd ../

# cp -r icon/ /var/www/html/

cgi-binディレクトリに移動します。

# cd /var/www/cgi-bin/

awstats.model.confをawstats.ドメイン.confという名前でコピーします。

たとえば、ドメイン名がexample.comの場合、awstats.example.com.confという名前でコピーします。

# cp awstats.model.conf awstats.example.com.conf

それでは、今作成した設定ファイルの編集をします。

# vi awstats.example.com.conf

まずLogFileを自分のログファイルの位置に変更しましょう。

# Example: "/var/log/access_log.%YYYY-0%MM-0%DD-0.log"
# Example: "C:/WINNT/system32/LogFiles/W3SVC1/ex%YY-24%MM-24%DD-24.log"
# You can also use a pipe if log file come from a pipe :
# Example: "gzip -d </var/log/apache/access.log.gz |"
# If there are several log files from load balancing servers :
# Example: "/pathtotools/logresolvemerge.pl *.log |"
#
LogFile="/var/log/httpd/mylog.log"
↓
LogFile="/var/log/httpd/access_log"(自分のアクセスログを指定して下さい)

LogTypeの値を確認します。 今回はwebのログを取得するのでWのままで結構です。

# Enter the log file type you want to analyze.
# Possible values:
# W - For a web log file
# S - For a streaming log file
# M - For a mail log file
# F - For a ftp log file
# Example: W
# Default: W
#
LogType=W

次に、LogTypeの値を確認します。 最初にログの形式をcombinedに変更しているので、1であるかを確認して下さい。

# Examples for Apache combined logs (following two examples are equivalent):
# LogFormat = 1
# LogFormat = "%host %other %logname %time1 %methodurl %code %bytesd %refererquot %uaquot"
#
# Example for IIS:
# LogFormat = 2
#
LogFormat=1

Sitedomainには自分のドメインを入れてください。

# If analyzing mail log, enter here the domain name of mail server.
# Example: "myintranetserver"
# Example: "www.domain.com"
# Example: "ftp.domain.com"
# Example: "domain.com"
#
SiteDomain=""
↓
SiteDomain="example.com"(自分のドメイン名を入れてください)

DNSLookupの値を1に変更しましょう。

# Possible values:
# 0 - No DNS Lookup
# 1 - DNS Lookup is fully enabled
# 2 - DNS Lookup is made only from static DNS cache file (if it exists)
# Default: 2
#
DNSLookup=2
↓
DNSLookup=1

その他の項目はそのままで結構です。 解析後データはawstats.plと同じディレクトリに置かれます。(今回の場合は /var/www/cgi-bin/)

基本的な設定はここまでです。

次に統計の作成を行います。

# perl awstats.pl -config=example.com -update

example.comの部分を自分のドメイン名に変更して実行することで統計が作成されます。

Create/Update database for config "./awstats.example.com.conf" by AWStats version 7.3 (build 20140126)
From data in log file "/var/log/httpd/access_log"...
(省略)

上記の様なメッセージが表示されれば成功です。

統計が作成できたらブラウザから

http://example.com/cgi-bin/awstats.pl

にアクセスし、統計情報が見られるか確認しましょう。

統計情報が見られればAWstatsの導入は完了です。