apach+PHPのCENTOS6への導入方法

  • 投稿日:
  • by ライブラリ編集局

この記事では、apache+PHPの導入・設定方法について説明します。

尚、OSについてはCENTOS6(64bit)を対象としています。

PHPのインストール

[root@denet ~]# yum -y install php php-mbstring ← php、php-mbstringインストール

PHPの確認

apacheで設定したルートディレクトリ(DocumentRoot)にtest.phpを置く。

[root@denet ~]# vi /var/www/html/test.php ← PHPテスト用ページ作成
<?php phpinfo(); ?>

http://サーバー名/test.phpにアクセスしてphpinfoページが表示されることを確認。

↓以下のようなページが表示されるとOKです。 php.jpg

これでPHPが使えるようになったので、実際にPHPを動かしてみましょう。

下の内容でhello.phpという名前のファイルを作成し、ルートディレクトリ配置。

[root@denet ~]# vi /var/www/html/hello.php
<html>
 <head>
  <title>PHP Test</title>
 </head>
 <body>
 <?php echo '<p>Hello World</p>'; ?> 
 </body>
</html>

その後、ブラウザで以下のURLを開く

http://サーバー名/hello.php

ブラウザに、Hello Worldが表示されたら成功です。