ntpdのインストールと時刻設定

  • 投稿日:
  • by ライブラリ編集局

この記事では、ntpdのインストールと時刻同期ができるまでの初期設定について説明します。

尚、OSはCentOS6(64bit)を対象にしています。

インストール

まずは、ntpdをインストールします。

[root@denet ~]# yum install ntp


次に、confファイルの設定を行います。
デフォルトのconfファイルの名前を変更し、新たにntp.confを作成します。

[root@denet ~]# mv /etc/ntp.conf /etc/ntp.conf.org

[root@denet ~]# vi /etc/ntp.conf

driftfile /var/lib/ntp/drift        #時刻調整ファイルの保存先

server ntp1.jst.mfeed.ad.jp         #インターネット時刻同期設定
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp

起動

続いて、日時を同期させntpdを起動させます。

[root@denet ~]# ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp
23 Jun 17:50:15 ntpdate[14050]: step time server 210.173.160.27 offset 1.863585 sec

※赤字が現在の日時か確認

■起動

[root@denet ~]# /etc/rc.d/init.d/ntpd start

ntpd を起動中:                              [  OK  ]

■自動起動をonにする

[root@denet ~]# chkconfig ntpd on

[root@denet ~]# chkconfig --list ntpd

ntpd            0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

■同期を確認する

[root@denet ~]# ntpq -p

remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
ntp1.jst.mfeed. 172.29.2.50      2 u   19   64    3   31.219    0.662   0.034
ntp2.jst.mfeed. 172.29.2.50      2 u   21   64    3   31.107    0.717   0.075
ntp3.jst.mfeed. 172.29.3.50      2 u   18   64    3   42.750    6.248   5.572

以上で、インストールと時刻同期設定は完了となります。