CentOSでEPELリポジトリを使う方法

  • 投稿日:
  • by ライブラリ編集局

1. 64bit版 CentOS6の場合

64bit版のCentOSの場合は、以下を実行します。 (その他のバージョンの場合は、「4. 他のOSバージョンの場合」の内容を実行します。)

# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

2. リポジトリの設定の修正

必要に応じて、EPELリポジトリを常時利用するかどうかを設定します。ここでは、常時利用はしない設定に変更します。 EPELリポジトリを追加すると、新規に「/etc/yum.repos.d/epel.repo」というファイルが作成されますので、その設定を修正します。

# sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/epel.repo

上記は、「enabled=1」となっている箇所を「enabled=0」にするという意味です。 これで、EPELリポジトリは常時参照はされない設定になりました。

3. 利用方法

EPELリポジトリを利用する時は、以下のようにします。

# yum --enablerepo=epel [options] [command] [package ...]

例) httpdをインストールする場合
# yum --enablerepo=epel -y install httpd

上記のように、明示的に「epel」リポジトリを指定するオプションを追加することで利用が可能です。

4. 他のOSバージョンの場合

1.の作業時に、他のOSバージョンを利用する場合は、それぞれ下記のように環境にあった作業を行います。

64bit版CentOS5の場合

# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm

32bit版CentOS5の場合

# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

32bit版CentOS6の場合

# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm

後の手順は、同じになります。