CENTOS6へのPostfixの導入方法

  • 投稿日:
  • by ライブラリ編集局

Postfixの導入方法

この記事では、Postfixの導入・設定方法について説明します。 尚、OSについてはCENTOS6(64bit)を対象としています。

Postfixとは?

Postfix(ポストフィックス)は、Sendmailとの操作上の互換性を確保しつつ、管理・設定が容易で、高速・安全であることを指向して開発されているメールサーバーソフトウェアです。

Postfixの導入手順は以下の通りです。

1.Postfixのインストール

[root@denet ~]# yum -y install postfix ← Postfixインストール

2.Postfixの基本設定

[root@denet ~]# vi /etc/postfix/main.cf ← Postfix設定ファイル編集

#myhostname = host.domain.tld
↓
myhostname = mail.denet.com ← 変更(自FQDN名を指定)&コメントをはずす

 

#mydomain = domain.tld
↓
mydomain = denet.com ← 変更(自ドメイン名を指定)&コメントをはずす

 

#myorigin = $mydomain
↓
myorigin = $mydomain ← 変更(ローカルからのメール送信時の送信元メールアドレス@以降にドメイン名を付加)&コメントをはずす

 

inet_interfaces = localhost
↓
inet_interfaces = all ← 変更(外部からのメール受信を許可)

 

mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost
↓
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain ← 変更(自ドメイン宛メールを受信できるようにする)

 

#relayhost = [an.ip.add.ress]
↓
relayhost = [○○.jp] ← ISPのSMTPサーバー名を指定&コメントをはずす
ローカル宛以外のメールを別のサーバ経由にて送信する場合にはmain.cf内のrelayhostにて指定すればよい。
メールサーバを複数台で運用している場合などはここでゲートウェイとなるメールサーバ名を記述します。

 

#home_mailbox = Maildir/
↓
home_mailbox = Maildir/ ← 変更(メールボックス形式をMaildir形式にする)&コメントをはずす
Maildir形式とは、1メール1ファイルで保存する形式のこと

 

#smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name ($mail_version)
↓
smtpd_banner = $myhostname ESMTP unknown ← 変更(メールサーバーソフト名の隠蔽化)&コメントをはずす

 

以下を最終行へ追加(SMTP-Auth設定)※SMTP-AUTHとはメール送信時にユーザー認証を行い、メールの送信を許可する方法です。
smtpd_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_mechanism_filter = plain
smtpd_sasl_local_domain = $myhostname
smtpd_recipient_restrictions =
permit_mynetworks
permit_sasl_authenticated
reject_unauth_destination

 

以下を最終行へ追加(受信メールサイズ制限)
message_size_limit = 10485760 ← 追加(受信メールサイズを10MB=10*1024*1024に制限)

2.SMTP-AUTH設定

SMTP-Auth用ユーザ名、パスワードにシステムのユーザ名、パスワードを使用する場合)

[root@denet ~]# /etc/rc.d/init.d/saslauthd start ← saslauthd起動
saslauthd を起動中:                                        [  OK  ]

[root@denet ~]# chkconfig saslauthd on ← saslauthd自動起動設定

[root@denet ~]# vi /etc/postfix/sasl_passwd ← ISPのSMTP認証ファイル作成
[○○.jp] xxxxxxxx:xxxxxxxx ← 「[ISPのSMTPサーバー名] ユーザー名:パスワード」を指定

[root@denet ~]# postmap /etc/postfix/sasl_passwd ← ISPのSMTP認証ファイルハッシュ化

SMTP-Auth用ユーザ名、パスワードとシステムのユーザ名、パスワードを別々にする場合

[root@denet ~]# vi /etc/sasl2/smtpd.conf ← SMTP-Auth認証設定ファイル編集※CentOS6の場合

pwcheck_method: saslauthd
↓
pwcheck_method: auxprop ← 変更

3.Maildir形式メールボックス作成

[root@denet ~]# mkdir -p /etc/skel/Maildir/{new,cur,tmp} ← 新規ユーザ追加時に自動でMaildir形式メールボックス作成

[root@denet ~]# chmod -R 700 /etc/skel/Maildir/ ← メールボックスパーミッション設定

4.Postfix起動

デフォルトのメールサーバーのsendmailやqmail等の他メールサーバーが起動してる場合は停止させておく。

[root@denet ~]# /etc/rc.d/init.d/postfix restart ← Postfix再起動
postfix を起動中:                                          [  OK  ]

[root@denet ~]# chkconfig postfix on ← Postfix自動起動オン