CENTOS 6でのTELNETの導入方法

  • 投稿日:
  • by ライブラリ編集局

TELNETの導入方法

この記事では、TELNETのインストールと設定方法について説明します。

尚、OSについてはCENTOS6(64bit)を対象としています。

TELNETの設定手順は以下の通りです。

1.telnet本体のインストール

# yum -y install telnet

2.telnetサーバーのインストール

# yum -y install telnet-server

こちらもyumコマンドでインストールすることができる。

4.telnet serverの有効化   

末尾のdisable = no←yesをnoに書き換えます。

# vi /etc/xinetd.d/telnet

disable = no←yesをnoに書き換える。   

5.サーバーを再起動

# /etc/init.d/xinetd restart

6.ファイアーウォールの設定

デフォルトではiptablesというlinuxのファイアウォールにより、telnetで使用する23番ポートが閉じられている。

なので、23番ポートを空ける必要がある。

vi /etc/sysconfig/iptables

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 23-j ACCEPT

↑という記述がなければ、追記する。

このままだと23番ポートに全世界からアクセスを許可してしまうことになるので、特定のIPアドレスのみの23番ポートの接続を許可する設定も追加する。

 # IPアドレス 193.111.111.111(例) からの接続を許可
vi /etc/sysconfig/iptables
iptables -A INPUT -s 193.111.111.111 -p tcp --dport 23 -j ACCEPT ←追記

# service iptables restart ←iptablesの再起動。

以上でTELNETの導入は終了です。

7.telnet コマンドでの接続テスト

telnet コマンドで gmail のメールサーバーに接続するテストを行います。

# telnet smtp.gmail.com 587
Trying 74.125.129.108...
Connected to smtp.gmail.com.
Escape character is '^]'. 
220 mx.google.com ESMTP dg3sm22079225pbc.24 - gsmtp

のようにgmailのサーバーに繋がることを確認します。

telnet サーバーへの接続テスト

# telnet localhost
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
CentOS release 6.3 (Final)
Kernel 2.6.32-279.el6.x86_64 on an x86_64
login:

上のように表示された後、一般ユーザーでログインできたらOKです。